ウェントワース・ミラーの恋人や性格、現在の活動や『バイオハザードIV アフターライフ』など出演映画やドラマをまとめてみました。

ドラマ男優

3大海外ドラマの一つ『プリズンブレイク』で大ブレイクした、イケメン俳優ウェントワース・ミラー。


その華やかな姿と裏腹に、実はとてもまじめな性格の俳優さんです。そんな彼の恋人や過去の出演作品などを振り返ってみました。

ウェントワース・ミラーの恋人はどんな人?

ウェントワース・ミラーは自分がゲイだと言うことを、2013年9月にカミングアウトしています。『プリズンブレイク』の降板理由も自分を偽った役柄を演じたくないと言うものでした。

彼の恋人を調べてみると、最初、クリストファー・キュージックというアメリカの俳優と噂があったようです。

ですが2006年~2007年にかけてアメリカの女優マリアナ・クラベーノと交際。そして女優のアミエ・バイスと2007年~2008年に二人で会っているところを目撃されています。

女性との交際が、愛情だったのか友情だったのか? どちらだったのでしょう。今となっては本人に聞かないとわかりませんね。

彼の恋人ではなかったか?と有名なのが、ルーク・マクファーレン。『ブラザーズ&シスターズ』に出演していたカナダの俳優さんです。『ブラシス』でもゲイの役柄でしたよね。

2007年~2008年頃に二人でいるところを、ちょくちょく目撃されていました。ですがその当時、ふたりともカミングアウト前だったので、交際は否定しているんですね。

2010年前後、ドラマなどでは当たり前のように役柄の設定がありましたが、役者はイメージが重視される仕事なので、いざカミングアウトするとなると相当な勇気がいったのでしょう。

今は、アメリカなどはかなりオープンになっていますけど。

ウェントワース・ミラーはその後、2008年ごろにマーク・リデルと言う写真家とも交際していたようです。

最近の彼の恋人の情報は見つかりませんでした。ドラマ出演などもレギュラーなどはないようですし、パートナーがいそうな感じですけどね。


ウェントワース・ミラーの性格。「もう『プリズンブレイク』には出演することはない」その理由は?

『プリズンブレイク』シーズン5以降、ウェントワース・ミラーはどんなことやっているのでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Prison Break(@prisonbreak)がシェアした投稿


大きな衝撃は、『プリズンブレイク』への出演はしないと、ウェントワース・ミラーは真っ白なインスタ投稿で宣言したことでしょう。かれはそのことにつてこのように語っています。

「ソーシャルメディアの雑音が理由というわけじゃない(それが主な問題ではあるけどね)。単に、ストレートの登場人物を演じたくないんだ。彼らの物語は伝えられてきたからね」

そして彼の生き方は、ロシアで同性愛に関する宣伝を規制する法律が施行されたことに抗議して、ロシアで行われるサンクトペテルブルク国際映画祭への出席を拒否もしています。

ウェントワース・ミラーってとてもピュアな人なんですね。役者として、どんな役でも演じる俳優もいるのですが、彼は自分のアイデンティティを大切にしたいのですね。

言行一致のまっすぐな性格ですね。

そんなまじめな人、ウェントワース・ミラー。『プリズンブレイク』後は映画『イノセント・ガーデン』の脚本を手掛けるなど俳優以外で創作活動を行っています。

自分の思いを作品にして、表現をしていくのも素敵ですね。インスタを見るとアーティスティックな投稿が多いので、マルチなアーチストとしてもどんどん活躍して欲しいですね。

ウェントワース・ミラーの基本的なプロフィール。

1972年6月2日、イギリスのオックスフォードシャー州チッピングノートンの生まれ。両親は、母親のジョイマリーさんは教師、父親は弁護士のウェントワース・アール・ミラーIIです。

ウェントワース・ミラーも本名はウェントワース・アール・ミラーIIIなんですね。イギリスの貴族のような名前ですが、両親ともアメリカ人です。

たまたま父親の仕事の関係でイギリスにいたようです。

彼が1才になると、家族はニューヨークのブルックリンに戻っています。

ウェントワース・ミラーはブルックリンのミッドウッド高校に通い、ミュージカルプロダクションである「Sing!」のメンバーでした。

理由はわかりませんが、ペンシルベニア州セウィクリーのクエーカーバレー高校に転校して、学校新聞に携わりました。

現在は脚本も手掛けるウェントワース・ミラーですが、その頃から文章を書くことに興味があったのですね。

そしてプリンストン大学で英文学を専攻してながら、学校新聞の記者だけでなく漫画も担当していたようです。絵も描けるのか! 絵コンテなども上手そうですね。

その他、アカペラグループのプリンストンタイガートーンズでバリトンのパートを努めていたんですって。

人前でパフォーマンスをすることに興味が移ったようです。


ウェントワース・ミラーの現在は?『バイオハザードIV アフターライフ』などの出演映画やドラマ作品。

ウェントワース・ミラーは大学卒業後、演劇への志をいだいてカリフォルニアにむかったのですが、最初は制作会社に入ったようです。ドラマの世界に身を寄せつつ脚本なども手掛けたかったのでしょうか?

なので、ドラマデビューは26歳。なんと『 バフィー 〜恋する十字架〜』(1998年)なんです! シーズン2の第20話に出演していました。まったく気づかなかったです。

2000年には『ER緊急救命室』に患者役でスポット出演。2003年には映画『 アンダーワールド』や『白いカラス』に出演。その当時は坊主頭ではなかったので、とてもかわいい感じですね。

2005年に『ゴースト 〜天国からのささやき』に出演後、や、『プリズン・ブレイク』マイケル・スコフィールド役を獲得。

『プリズンブレイク』のファイナル後は『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』や『Dr.HOUSE』などにもゲスト出演しています。

ミラ・ジョボビッチ主演映画『バイオハザードIV アフターライフ』にもプリズンブレイクのイメージと被るような役柄で出演していましたね。

アメリカ軍特殊部隊の兵士なのに、混乱に巻き込まれて囚人同様に投獄されてしまういった設定でした。当然、脱獄するんですけど(笑)

そして、意外な出演作だったのが、『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』でのレナード・スナート / キャプテン・コールド役で出演していたこと。


「なんで?」っておもいましたね。『プリズンブレイク』の兄ちゃんドミニク・パーセルとコンビで出ているじゃないですか?

イメージがまったく違うし、どちらかと言うと”B級”っぽいドラマじゃないですか。「仕事ないの?」って思っちゃいました。

ですが、ウェントワース・ミラーは大のコミック好きのようで、原作がアメコミの『THE FLASH/フラッシュ』への出演が決まった時、とてもうれしかったそうなんです。

現在は、主演での活躍があまりなので、できるならば、自分の脚本やプロデュースの作品で主演もかねて出演してくれるとうれしいです。是非、期待したいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

▼こちらもご覧ください▼
ケイティ・ロッツ 筋肉美女の年齢や身長、結婚など、インスタをWiki的チェック!


コメント

タイトルとURLをコピーしました