ヤヤ・ダコスタの身長や年齢、『シカゴメッド』を降板か?!

ドラマ女優

人気医療ドラマ『シカゴメッド』のエイプリル・セクストン役のヤヤ・ダコスタ。シリーズを重ねるごとい存在感が増していますね。彼女の生い立ちや女優としての役づくりについて調べてみました。

ヤヤ・ダコスタの身長や年齢など基本プロフィール


ヤヤ・ダコスタとして広く知られていますが、本名はカマラ・ダコスタ・ジョンソン。1982年11月15日生まれ、ニューヨークのハーレム地区で育ちました。
さかのぼるとブラジルと西アフリカなどに由来しているそうです。

子どもの頃から女優やモデルになる夢を持っていたようですが、両親の勧めもあって勉学を優先。

小~高一貫教育のエリート校のノースフィールドマウントハーモンスクールという大学進学校に進みます。

実はヤヤ・ダコスタ、この頃から演技など芸能に目覚めていて、演劇系の学校に通おうか悩んだようなんです。ですが兄弟たちがこの学校へ進んでいたこともあってこちらを選んだようです。

ニューヨークよりも安全な場所で教育を受けさせたいという両親の思いも強かったようです。ダコスタ一家は家族の絆が強いのでしょう。

そしてIVYリーグの名門、ブラウン大学に入学し国際関係学やアフリカ研究を専攻しました。

この大学めっちゃ優秀な大学なんですって。全米でもトップ10に入っているらしいです。

それに、バイリンガルで、英語の他、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、そして日本語も日常会話程度ならいけるそうです。どこで覚えたのかな?

勉学だけでなく、『America’s Next Top Model』というモデルのオーディション番組でも準優勝もしちゃっています。

ヤヤ・ダコスタに「才色兼備」っていう言葉は似合わないでしょうが、いやいやすごい女性ですね。



ヤヤ・ダコスタの夫は誰?出産はいつ?

ヤヤ・ダコスタですが、とてもわかくみえますが38歳なんですね。気になるのは結婚や子供のこと。

実は、映画監督のジョシュア・アラフィアと1年半の交際の後、2012年6月26日に結婚をしてるんですね。

そして彼女が30歳の2013年9月に息子サンカラくんを出産。

しかし、わずか2年後の2015年11月12日に離婚の申し立てを行いました。

ジョシュア・アラフィアの性的暴行が原因だと、後にヤヤ・ダコスタはインスタの投稿で明らかにしています。



ヤヤ・ダコスタ 青春ダンスムービー『レッスン』で映画デビュー

そんなヤヤ・ダコスタ、化粧品メーカーのカバーガールなども務め、有名歌手のミュージックビデオなどにも出演。

そして2006年には、青春ダンスムービー『レッスン(原題:Take the Lead9』で映画デビューを果たします。

この映画、社交ダンスのチャンピオン(アントニオ・バンデラスが主演)が、落ちこぼれの高校生たちに、ダンスを通じて成長を促す、よくあるパターンのやつです。

ヤヤ・ダコスタは落ちこぼれ高校生ラレッタ役で映画デビュー。このようなコメントを言っていました。

「社交ダンスには、元々興味があったの。だから今回、ステップも含めて社交ダンスの世界を学べたことは本当にエキサイティングだったわ!」

この映画のモデルになった世界一の社交ダンサー、ピエール・デュレインのダンス指導もあって、ヤヤ・ダコスタのダンスのセンスが目覚めたそうなんです。

先祖はブラジル人なので、サンバの血が流れていますからね。納得です。



ヤヤ・ダコスタ『シカゴメッド』エイプリルの役づくり

『シカゴメッド』の中で、ヤヤ・ダコスタが演じるエイプリルの存在が、次第に大きくなってきていますね。

もちろん彼女の美しさもあるでしょう。美形でスタイルも抜群な彼女は、シカゴメッドの中で唯一セクシー担当も受け持っているようで、なぜか、突然にエイプリルの下着姿のシーンがあったりします。

役柄としても魅力が増してきているのもエイプリルと言う人物を、ヤヤ・ダコスタが役作りが的確だから、魅力的な演技が出来るのでしょう。

彼女はエイプリルをどのようにとらえているのでしょう。

「エイプリルは人を愛し、同僚や患者、特に患者と非常に簡単につながります。彼女は他の人の立場になって、自分が望む方法で彼らとつながることができると思います。」

確かに主任看護師のマギーが司令塔的にERをコントロールとは対照的に、急患にいち早く寄り添い看護にあたる姿や、弟ノアが医者になるために自分は医者の夢をあきらめてしまうような、何事も相手の為に自分の苦労は厭わないキャラ。

妊婦になってからも、自分の体よりも患者を優先していくのですが、それが悲壮感なく「当然」だと言わんばかり。

そのあたりの役柄をヤヤ・ダコスタは上手に演じていると思いますね。



ヤヤ・ダコスタが『シカゴメッド』を降板!

シリーズを重ねるごとにエイプリルの魅力が増しているのですが、なんと!最近、ヤヤ・ダコスタが『シカゴメッド』を降板するっていう発表がありました。

え~、何だよ!悲しい~!!

ナタリー・マニング役のトーレイ・デヴィートも同時に番組を去るそうです。

ヤヤ・ダコスタの次のドラマですが、FOXの新シリーズ『Our Kind Of People』で主演を務めることが決まっているそうなんです。

残念ではありますが、彼女の活躍を期待しいたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました