サイモン・ベイカー 妻と離婚 娘 恋人は? 『メンタリスト』主役の現在。

ドラマ男優

『メンタリスト』で主役のパトリック・ジェーンを演じたサイモン・ベイカー。
「すげ~二枚目!」と思った方も多いのではないでしょうか?
2009年の米テレビガイド・マガジンで「最もセクシーなテレビ俳優」に選ばれたほど。
そんなサイモン・ベイカーの現在は、なんと独身!
長年連れ添った愛妻と別れて、どうしているのでしょうか?
愛娘や息子たちは?
新しい恋人はいるのか?調べてみました。

サイモン・ベーカーが愛妻と離婚!現在の恋人は?


サイモン・ベーカー、29年連れ添ったレベッカ・リグと離婚していたのです。

「我々は、親しい友人関係を維持し、3人の子どもたちを最優先にするつもりです」

二人は、こんなコメントも発表していました。

そして、サイモン・ベーカーに、さっそく新しい恋人が現れます。

ローラ・メイ・ギブスさん(36歳)というファッションブランドのデザイナーがその人。

二人はビーチでいるところをパパラッチされています。

抱き合っていたり、サイモン・ベーカーが、ローラさんのお尻に手伸ばしていたり!

なんかとっても熱い感じです。

50歳を過ぎたサイモン・ベーカーですが、これから第二の青春って感じですかね。

しかし、交際して間もなくローラさんと破局してしまいます。

原因が、「コロナウイルスのワクチン接種に関する考え方の違い」だというのです。

「そんなことで?!」と感じる方も多いと思います。

ならば、長年連れ添ったレベッカ・リグと「別れないで欲しかったなぁ」、なんて思っちゃいますね。

オシドリ夫婦と言われて、素敵なカップルだと思っていたいのです。

そんな元妻と子供たちに事も触れておきましょう。


サイモン・ベイカーの元妻と娘や息子はどんな人?

サイモン・ベイカーの元妻は、レベッカ・リグと言う女優です。

お互い売れない時代からの俳優仲間で、1991年に出会いました。

1998年10月2日に二人は結婚。そして、1993年に長女のステラ・ブリーズが誕生。

1998年に長男、クロード・ブルー。

2001年生まれの次男、ハリー・フライデーと一女二男の5人家族です。

レベッカ・リグは1967年シドニー生まれ。

サイモン・ベイカーより2歳年上の姉さん女房です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simon Baker(@snappytoes)がシェアした投稿


子供のころからオーストラリアのドラマや映画に出演。

女優のニコール・キッドマンナオミ・ワッツとは若いころから仲の良い友人だそうです。

実は、サイモン夫妻はメンタリストシーズン1第19話で共演しているんですよ。

女優さんの役どころなんですが、サイモン・ベーカー演じるジェーンが捜査を進めていくと、なんと奥さんのレベッカ・リグが犯人だったというオチも。

奥さん以外も、家族全員『メンタリスト』に出演しているんです。


サイモン・ベイカーの愛娘も女優で活躍中!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stella Baker(@stellabaker)がシェアした投稿


子煩悩なサイモンベーカーですが、女優をしている長女のステラ・ブリーズには、特にベタベタのようですね。

ステラ・ブリーズは、2018年にイェール大学の演劇大学院を卒業している才媛なんですよ。

サイモン・ベーカー、娘の大学の卒業式は、「絶対泣く!」と宣言してます(笑)

女優になってからも、とても心配なの様ですね。

『メンタリスト』シーズン7第2話「灰色の鉄格子のホテル」にゲスト出演をしています。

しかしステラ・ブリーズもしっかり女優として自立。

2019年放送のスリラードラマ『Tell Me Your Secrets(原題)』にテレサ・バーロウ役でレギュラー出演しています。

その他『夜会三人男(原題)』(2020年)、『ハイウェイ1(原題)』(2021年)などにも出演していますね。

脚本も手がけ、現在は一人アメリカに残って頑張っています。

離婚後のサイモン・ベーカーとも関係は良好のようですよ。

お互いのインスタで励ましあっています。

ちなみに、弟君たち二人も、エキストラでちゃっかり出演しているんですね。

『メンタリスト』のプロデューサーも兼任しているサイモン・ベーカー。

強権発動しすぎですよね(笑)



サイモン・ベイカーのプロフィール


そんなサイモンベーカーのプロフィールを、改めて振り返ってみましょう。

サイモン・ベイカーは、1969年7月30日生まれ。

オーストラリアのタスマニア州ローンセストンの出身です。

10代の頃はサーフィンと水球に熱中していていました。

特にサーフィンでは、ニューサウスウェールズ州の大会で優勝するほどだったらしいですよ。

確かに、今でもいい大胸筋をしていますね。

1988年からオーストラリアのテレビドラマなどに出演して人気を得ていたようです。

1992年にはオーストラリアのエミー賞とも言えるロギー賞で人気新人タレント賞を受賞しています。

その後アメリカに移り、1997年の『L.A.コンフィデンシャル』出演。

1999年『シビル・ガン 楽園をください』、2005年の中田秀夫監督作品『ザ・リング2』ではメインキャストを努めました。

そしてアン・ハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』(2006年)に出演後、テレビシリーズ『堕ちた弁護士~ニック・フォーリン~』で初主演。

続いて出演したテレビシリーズ『メンタリスト』パトリック・ジェーン役を獲得。2008年から2015年まで主役として出演し、世界的に大ブレイクしました。



サイモン・ベイカー 『プラダを着た悪魔』でフェロモン全開のプレイボーイで出演していた!

ハリウッドに進出したベイカーの『メンタリスト』以前の出演作品で最も世に知られている作品と言えは2006年の映画『プラダを来た悪魔』でしょう。

役どころは、有名な作家クリスチャン・トンプソン役です。

金髪に人懐っこい笑顔はにいかにもプレイボーイ。

さすがサイモン・ベーカー、フェロモン全開のはまり役です。

アン・ハサウェイ演じる主人公のアンディとは、とあるパーティーで出会います。

必然的な流れでクリスチャンはアンディを口説きます。

その時点では、アンディには恋人がいたので、それ以上の進展はなくその日は終了。

後日、編集長のミランダ(メリル・ストリープ)の無理難題を解決するために、クリスチャンの助けを借りることになります。

そんなことで、クリスチャンに恩義を感じているアンディ。

パリ出張中にクリスチャンと出会い、一夜を共に。

翌朝のシーンでは、クリスチャンが上半身裸で登場。

甘い顔をしているサイモン・ベイカーですが、基本サーファーなので、体も十分鍛えています。

なので、上半身裸のシーンなんかでも見栄えがいいですね。

サイモン・ベーカーの出番はアン・ハサウェイとの絡みだけなのですが、やっぱり女性がオチるって、こういう男なんだなぁと納得の演技でしたね。

画面に存在するだけで、色男を演じられるサイモン・ベーカー、さすがです。



サイモン・ベイカー 『メンタリスト』相棒ロビン・タニーからも愛される理由

『メンタリスト』の主人公パトリック・ジェーンを演じたサイモン・ベーカー。

カリフォルニア州捜査局(CBI)のコンサルタントと言う役どころでした。

表向き“霊媒師”ですが、本当は人の仕草や表情などから相手の心理を読み取る“詐欺師”です。

そのスキルを捜査に活かすことになり、捜査官たちとは違った視点で犯人を見抜いていきます。

飄々としてあくせくせずいつもリラックスしているパトリック・ジェーン。

実はこの仕事をしている目的は、妻子を殺した連続殺人鬼レッド・ジョンを見つけ出し、復讐するため。

甘いマスクの裏にはそんな影をのある裏の顔を持つ二面性を、重くならずサラっとこなせるのは、サイモン・ベーカーならではですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simon Baker(@snappytoes)がシェアした投稿


共演しているテレサ・リズボン役のロビン・タニ―が来日した時のインタビューで、「『メンタリスト』がヒットした理由は?」と質問されて、ユーモアたっぷりにこう答えていました。

「サイモン・ベーカーが男前だから」
「オシャレだし」
「きれいな髪」
「ゴージャスなスマイル」
「でも、匂いはあまり。。。これはジョークよ!」

そんな二枚目でありながらも、愛されキャラのサイモン・ベーカーの魅力が大ブレイクした理由なのでしょう。



サイモン・ベイカーの現在は? 最新作はあるの?

2015年『メンタリスト』ファイナルシーズンを終えた後は、2017年に映画『ブレス あの波の向こうへ』をオーストラリアで初監督。

サーフィンを教える役で主役としても出演しているんです。

その後、2018年にはサラ・ジェシカ・パーカー主演の『私のニューヨーク Blue Night(Here and Now)』に元夫役で出演。

ちなみにこの映画は日本で劇場公開がなかったのですが、出演者がすごいんです。

サラ・ジェシカ・パーカーの元夫がサイモン・ベーカーで、愛人がテイラー・キニーって、オイオイって感じですね。

共演者にはレネー・ゼルウィガー 、ジャクリーン・ビセットも出ているんですよ。

評価はいまいちだったようですが、見ているだけでもいい映画ですね。

そして、その次の作品はサイモン・ベイカーが主演と製作総指揮も兼ねた『High Ground』。

オーストラリアの映画で、20世紀初頭のオーストラリアが舞台。

アボリジニと白人入植者の争いと言う、ちょっと重たいテーマの映画でした。

サイモン・ベイカーは、今後もそのような活動を続けていくようです。

オーストラリアの地元紙のインタビューでこのようなコメントをしていました。

「ハリウッドで大作映画に出演するよりも、オーストラリアでもっと重要なメッセージを持った作品に出演したい」

50歳代の俳優としても円熟味を見せる頃だけに、渋い魅力のサイモン・ベーカーも見てみたいですね。

新作も要チェックです!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

▼こちらもご覧ください▼

『メンタリスト』ドラマキャストたちの現在は?



コメント

タイトルとURLをコピーしました