ディラン・ミネットのインスタに映る彼女は誰?『13の理由』主演の歌うま俳優プロフィール。

ドラマ男優

大人気ドラマ『13の理由』に主演するディラン・ミネット。
子役時代から数々の話題作に出演している若くしてベテランの俳優です。
そんなディラン・ミネットのインスタには素敵な女性とのポストが!
まずは、それは誰なのか?見ていきましょう。

ディラン・ミネットのインスタに映る彼女は誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Why(@13reasonscast)がシェアした投稿


ディラン・ミネットの最初のゴシップ、キャサリン・ラングフォード

『13の理由』で共演した女優です。

しかし、同い年ですし、お似合いのように見えますが、噂のようです。

ドラマ同様、ディラン・ミネットが彼女に想いを寄せていたかも(?)しれませんけど。

最初の恋人は女優のケリス・ドーシーです。

調べたら、『ブラザーズ&シスターズ』に長女サラの娘ペイジ役で出ていた女の子でした。

映画『マネーボール』にもブラッド・ピットの娘役で出演しています。

二人は2014年に4か月程度交際していたようです。

2018年からはリディア・ナイトと交際が続いているようです。

彼女はパンクロックバンド「ザ・リグレッツ」のリードボーカル兼ギタリスト。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dylan Minnette(@dylanminnette)がシェアした投稿


ディラン・ミネットより4つ年下。

バンドつながりで知り合ったようですね。

もうすでに3年以上交際が続いています。

二人の写真の数多く公表されていますね。

とても、信頼しあっているように見えます。

ゴールイン!も秒読みなのかもしれませんね。


 

ディラン・ミネット出演作『Lost』『プリズンブレイク』『スーパーナチュラル』『メンタリスト』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dylan Minnette(@dylanminnette)がシェアした投稿

本名:Dylan Minnette
生年月日:1996年12月29日
年齢:25歳
出生地:アメリカ合衆国 インディアナ州エバンズビル
身長:173 cm

ディラン・ミネットは、まだ25歳ですが、芸歴は18年もあります。

7歳の頃にエージェントにスカウトされ、子役として仕事を開始します。

8歳の頃に『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』に出演。

そして、『プリズン・ブレイク』でウェントワース・ミラーが演じるマイケル・スコフィールドの幼い頃を演じています。

子役時代から売れっ子で、それ以外にも名だたるテレビドラマに出演しています。

『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(2007年) では、メレディス役のエレン・ポンピオと共演。

そして、『メンタリスト』では、ロビン・タニー演じるリズボン捜査官に、子供ながらに復讐を誓うシーンなどもありました。

『LOST』(2010年)に出演し 、マシュー・フォックス演じるジャックの息子、デヴィッド役で注目を集めています。

その他『スキャンダル 託された秘密』(2014年)にもグラント大統領の息子ジュニア役。

それ以外にも、ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の『ゴースト 〜天国からのささやき』(2008年)や『スーパーナチュラル』(2009年)  、『NIKITA / ニキータ』(2013年)など、ヒットドラにも出演しています。

そんな素晴らしい経験を経て、主演ドラマを獲得するのです。

ですが、彼は俳優だけでなくバンド活動も頑張っているんですね。

次は、そのあたりをご紹介します。


 

ディラン・ミネット 歌もイケてます。

ディラン・ミネットはミュージシャンの顔を持っています。

恋人のリディア・ナイトと同じボーカルとギターを担当。

所属する「Wallows」では、バンドコンテストで優勝し、「Pleaser」という楽曲をリリースもしています。

楽曲を聞くと、けっこう低音で、見た目の「少年ぽさ」とのギャップがいいですね。

まだまだ、思いがけない魅力がたくさんありそうな俳優です。

若手ではフィン・ヴォルフハルトが「ジ・オーブリーズ」でバンド活動も行なっています。

ハリウッドセレブでは、キアヌ・リーブスが「ドッグスター」と言うバンドでベースを担当して、日本ツアーもやっていました。

その時、メンバーと一緒にエコノミークラスに乗って、周囲が大騒ぎになったというエピソードもあります。

また、アカデミー俳優のジャレッド・レトは、「30セカンズ・トゥー・マーズ」で100枚突破するヒットを飛ばしています。

ディラン・ミネットもいづれは、ハリウッドセレブ、ミリオネンセラーも夢ではないですね。


 

ディラン・ミネットの主演作『13の理由』 とは?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Why(@13reasonscast)がシェアした投稿

『13の理由』は2017年から2020年にかけて、Netflixで配信されたドラマシリーズです。

ディラン・ミネットは、主人公のクレイ・ジェンセンを演じています。

<ストーリー>
クレイ・ジェンセンが学校から帰宅すると、玄関に7本のカセットテープが入った箱が置いてあることに気がつく。それには2週間前に自殺した同級生、ハンナ・ベイカーが自らこの世を去る決断をした13の理由が録音されていた。

自死した理由をカセットテープに吹き込んだ少女ハンナを演じたのは、オーストラリア生まれのキャサリン・ラングフォード。

ハンナ・ベイカーと同級生で、彼女に密かに好意を持っていた少年。ある日カセットテープを送られ、彼女の死の真相に近づいていくことになる。

この作品を通じて、彼は俳優と言う仕事に対して、認識が新たになったようです。

「この作品を通して、少しでも世界をよくできたり、人の命さえも救えるようなプロジェクトもあるんだということを初めて知ったよ」

そう言って、エンターテインメインとの持つ力を再認識したそうです。

ミステリーとしてだけでなく、いじめや差別についても考えさせられる作品です。

若くてベテラン俳優のディラン・ミネット。

このドラマへの出演を通して、俳優として大きな成長につながると思います。

そんなディラン・ミネットの最新作は、ホラー映画の有名シリーズ『スクリーム』第5作目に出演。2022年1月から全米で公開されています。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


コメント

タイトルとURLをコピーしました