マイルズ・テラー『トップガン マーベリック』の役づくりとは?『セッション』のドラム訓練が壮絶だった!

ドラマ男優

映画『トップガンマーベリック』の出演で、注目を集めているマイルズ・テラー。

今最も旬な俳優の一人です。

過去の代表作では、異色の映画『セッション』での演技が印象的でした。

その時から、熱い演技をしていましたね。

そんなマイルズ・テラーのプロフィールや『トップガンマーベリック』出演でのエピソードをご紹介します。

マイルズ・テラー 『トップガン』でグースの息子を演じる役づくりとは?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Top Gun(@topgunmovie)がシェアした投稿

マイルズ・テラーが『トップガン マーベリック』で演じたのは、”トップガン”候補生の一人、ブラッドリー・”ルースター”・ブラッドショー。

1作目で事故死をした、マーヴェリックの親友”グース”(アンソニー・エドワーズ)の息子役です。

口ひげを生やしたマイルズ・テラーの風貌は、”グース”を彷彿とさせますね。

彼自身も、役作りをする上でそれは意識していたようです。こんなコメントをしていました。

「幸い、僕のルックスは、アンソニーと(グースの妻を演じた)メグ・ライアンの息子として、ある程度通じます。」

風貌は、バッチリ。

ではどのような演技を心掛けたのでしょうか?

前提として、父親が亡くなった事故で、戦闘機を操縦していたのが、自分の指導教官となった”マーヴェリック”(トム・クルーズ)です。

複雑な思いを持っている”ルースター”は、そんな”マーヴェリック”と衝突してしまいます。

衝突する場面だけでなく、マイルズ・テラーは、その伏線をしっかり演じているんですよね。

「演技をするうえでも、アンソニーをところどころで意識しました。」

「”マーベリック”の親友の息子」であることを、しっかりと作り込んでいるんです。

そうして、「複雑な思い」を織り込み、「葛藤」を描いてからの、「師弟としての信頼」へとつなげることで、感動的なストーリーにつながっているのですね。

そのあたりを踏まえつつ、彼はこうもコメントしていました。

「今作でルースターはグースとはまったく違うことに挑みます。彼は違うキャラクターなんですよ」

1作目に、アンソニー・エドワーズが演じた”グース”は、伝説的な存在。

その大きな存在を模倣するのでなく、新しいキャラクターに作り上げていました。

マイルズ・テイラーの役作りを踏まえて映画を観ると、また違った感動があるかもしれませんね。


 

マイルズ・テラーのドラム演奏がすごい!映画『セッション』


マイルズ・テラーの代表作と言えば、アカデミー賞の3部門を受賞した映画『セッション』です。

監督は、のちに『ラ・ラ・ランド』を作ったデイミアン・チャゼル。

そして、この作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズとの掛け合いは、鬼気迫るものがありました。

この映画のあらすじを簡単に言うと、ドラマーを目指す青年が、名門音楽院の伝説の鬼教師との対決を描くスポコン的ヒューマンドラマです。

マイルズ・テラーはドラマーを目指す青年アンドリュー・ニーマン役。

伝説の鬼教師フレッチャーには、J・K・シモンズ。

鬼教師の”鬼指導”にくじけそうになりつつも、ドラムを叩き続けるアンドリューを演じるマイルズ・テラーの迫力ある演技。

ドラムや音楽に興味がない人が見ても、引き込まれましたね。

マイルズ・テラーは、高校時代にロックバンドをやっていてドラマを叩いていたそうです。

ですが、映画のテーマはジャズで、スティックの持ち方や叩き方が違います。

なので、撮影のために1日3~4時間、2ヶ月に渡ってジャズドラムの猛特訓をしたそうです。

「3時間くらい、大したことないじゃん!」

そう思う人、いると思います。

確かに、ドラム練習だけならそうかもしれません。

でも、俳優の仕事をしながら毎日2か月間続けるのは、心身ともにしんどいですよねぇ。

ドラムを叩くだけでなく、映画の中でアンドリューが憧れるドラマーのジョー・ジョーンズとバディ・リッチの映像を何度も観ていたと言います。

ドラマーのジョー・ジョーンズは、通称パパジョーと言われ、スウィングジャズ時代の偉大なドラマーです。
笑顔でとてつもないテクニックを披露するため「笑顔の異次元ジャズドラマー」と言われました。

バディ・リッチは、歴史上最も偉大なジャズドラマーの一人。

驚異的なテクニックと高速ドラミングで、彼のドラムソロはドラマーの最終到着地点とも言われています。

そう言った偉大なドラマーにあこがれ、そうなれる才能をもったドラマーの役を演じるのです。

腕や体もつらかったと思います。

ドラマ叩くスピードも尋常じゃないほど早いものでした。

映画のメインとなるドラムを叩くシーンは、ノーカットで撮影をしたそうです。

そのためスティックを持つマイルズ・テラーの手には、マメが出来て、それが破れてドラムセットには血が付いていたと言います。

まさに、スポコン的ヒューマンドラマでした。

ちなみに、この時恋人役で出ていたのが、『スーパーガール』でお馴染みの、メリッサ・ブノア。

アンドリューが、ドラム練習に専念するために、可愛い彼女を一方的にフってしまうんですよねぇ。

ひどい!


 

マイルズ・テラー 身長・年齢など基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miles Teller(@miles.teller)がシェアした投稿

本名: Miles Alexander Teller
生年月日: 1987年2月20日
年齢: 35歳
出生地: ペンシルベニア州 ダウニングタウン
身長: 182 cm

マイルズ・テラーは幼い頃から、俳優になる夢があったそうです。

高校では、演劇部に所属し、部長を務めていました。

ロックバンドを作って、アルトサックス、ドラム、ピアノ、ギターを演奏していたそうです。

大学は名門のニューヨーク大学ティッシュ芸術学部へ。

あわせてリー・ストラスバーグ演劇映画研究所でメソッド演技と、ストーンストリート・スタジオでスクリーン演技を学びました。

ちなみに、「メソッド演技」は、リー・ストラスバーグが考案した、役者の訓練のために考案した技法です。

オーバーアクションな表現ではなく、実生活で感じている自然な感覚で表現する訓練を行うものです。

マーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、マリリン・モンロー、ジェーン・フォンダ、ダスティン・ホフマンなどなど、往年の名優もこの訓練を受けていました。

マイルズ・テラーは、一流の指導を受けながら、才能ある人たちと一緒に切磋琢磨していたんですね。


 

マイルズ・テラーの顔の傷の原因とは?!


そんな時、大事故に巻き込まれているのです。

ある日、マイルズ・テラーは友人が運転する車の助手席に乗っていました。

その時、Uber(自家用タクシー)の車に衝突され、彼が乗っていた車は横転!

なんと8回転もして、15mも投げ出されるほど、ひどいものでした。

その事故のせいで、彼の左の頬には今も傷が残っています。

俳優として、頑張っている時期に大きなショックだったでしょうね。

昔、明石家さんまのコントで「私は女優よ!顔はぶたないで!」って言うのがありました。

女優に限らず、役者にとって顔は、命と同様に大切なもの。

ケガしたときの彼の気持ち。。。

察するに、余りあります。


 

マイルズ・テラーが結婚した妻は、長年の恋人!インスタに幸せいっぱいの二人が!


マイルズ・テラーは2019年9月1日にハワイのマウイ島で結婚しました。

お相手は、2013年から交際していた、モデルのケリー・スペリーです。

交際をはじめてから、4年後の2017年8月20日。

インスタにも、幸せオーラ全開のふたりが。

二人は、南アフリカのマディクウェゲームリザーブにあるモロリ・サファリ・ロッジで婚約をしました。

このロッジは、自然と一体感のあるとても素敵なロッジ。

「モロリ」とは現地のツワナ語で「夢」を表す言葉だそうです。

二人の夢の門出にふさわしい場所ですね。


 

マイルズ・テラーの出演作品『 ファンタスティック・フォー』『ジ・オファー』など

マイルズ・テラーは、ニコール・キッドマンに見い出され、『ラビット・ホール』(2010年)でメジャー映画デビューを果たしました。

その後、『フットルース 夢に向かって』(2011年)に主演。

この作品は1984年に大ヒットした『フットルース』のリメイク版です。

実はマイルズ・テラー、そのオリジナル版の舞台のミュージカルを、高校時代に演じたことがあったそうです。

そして、2014年に『セッション』に出演後、『ダイバージェント』のピーター・ヘイズ役で主演を務めます。

この作品は三部作となって、『ダイバージェントNEO』(2015年)、『ダイバージェントFINAL』(2016年)と続く、ヒット作品となりました。

マイルズ・テラーへの評価も、うなぎ登りに!

次々と、話題となる作品に出演することになりました。

リブート映画『ファンタスティック・フォー』(2015)でミスター・ファンタスティック役で出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miles Teller(@miles.teller)がシェアした投稿

アナ・ケンドリックと共演した映画『ゲット・ア・ジョブ 僕たちの就職戦線』(2016年)では、コメディにも挑戦。

『アメリカン・ソルジャー』(2017年)では、PTSDに悩む帰還兵、『オンリー・ザ・ブレイブ』(2017年)では、史上最大級の山火事に挑むタフな救助隊員役に。

コメディからシリアスな役柄を、高い演技力で演じ切っています。

『オンリー・ザ・ブレイブ』で一緒に組んだジョセフ・コシンスキー監督は、マイルズ・テラーを「この世代で最高の役者のひとり」と絶賛するほど。

実は、このコシンスキー監督が、『トップガン マーベリック』を撮る際に、プロデューサーでもあるトム・クルーズに、マイルズ・テラーを推薦したと言います。

そして、マイルズ・テラー主演するドラマ『ジ・オファー』が、7月にU-NEXTで配信されます。

これは、『ゴッドファーザー』の製作舞台裏を描くドラマです。

「この世代で最高の役者のひとり」と言われる、マイルズ・テラーの演技が見ものですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


 

タイトルとURLをコピーしました