エリック・ウィンターの結婚相手は誰?子供はいる?『ザ・ルーキー』出演俳優の身長・年齢、出演作品。

ドラマ男優

人気ドラマ『ザ・ルーキー』で指導巡査ティム・ブラッドフォードを演じている、エリック・ウィンター。
強面イメージがありますが、私生活や出演した役柄を追ってみると、とっても魅力ある人なんです。そんなエリック・ウィンターのプロフィールや結婚や子供、出演作品をまとめてみましたエリック・ウィンター

エリック・ウィンター 身長・年齢など基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Rookie(@therookieabc)がシェアした投稿

本名 Eric Barrett Winter
生年月日 1976年7月17日
年齢 45歳
出生地 カリフォルニア州ラ・プエンテ
身長 185 cm

ネイサン・フィリオン主演ドラマ『ザ・ルーキー』ではLAPDの指導巡査ティム・ブラッドフォード役を好演しているエリック・ウィンター。

ドラマ同様ロスアンゼルス近郊のラ・プエンテ出身です。

医者を目指し、UCLAに進んで心理学を専攻していました。

身長が185㎝ありスタイルが良かったエリック・ウィンター。

学費を稼ぐためにモデルの仕事もしていたようですね。

ブリトニー・スピアーズの香水「キュリアス」のTVCMにも、出演していたんですって。

いつしか俳優志望に転向した彼は、UCLAを卒業後、1999年『プロファイラー/犯罪心理分析官』などに出演。

俳優の道を歩み始めます。


エリック・ウィンター 結婚や子供をインスタでチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eric Winter(@ebwinter)がシェアした投稿


実はエリック・ウィンター、結婚は2度しています。

最初の結婚相手は、女優のアリソン・フォード。

2001年から4年間の結婚生活を送っていましたが離婚。

そして2006年からプエルトリコ出身の女優ロゼリン・サンチェスと交際を始めました。

彼女は、エリック・ウィンターより三つ年上。

『デビアスなメイドたち』のカルメン役でも有名ですね。

二人は、2008年11月29日にプエルトリコで挙式を上げました。

結婚式には『デスパレートな妻たち』のガブリエル役を務めた、エヴァ・ロンゴリアも出席したそうです。

話しが横道にそれますが、ロゼリン・サンチェスとエヴァ・ロンゴリアは、その後ガブリエル役のオーディションで競合することに。

仲の良い友人同士とは言え、女優の世界は厳しいですね。

話しを戻して、エリック・ウィンターとロゼリン・サンチェスの間には二人の子供がいます。

2012年1月生まれの娘セベラちゃん。

そして2017年11月生まれの息子、ディランくん。

エリック・ウィンターのインスタにも、家族仲睦まじいポストがありました。

強面なイメージのエリック・ウィンターですが、素顔はとってもユーモアがあってソフトな人柄みたいですよ。

子供たちのために、2017年には子供向けの本を出版しているのです。

ロゼリン・サンチェスと共著で、「セビとチャチャチャの地」というタイトルです。

「セビ」は娘のセベラちゃんがモデルのようですよ。

お父さんとお母さんが、娘に向けた本なのでしょうね。

ムチャクチャ優しいですね。


 

『メンタリスト』に出演していたエリック・ウィンター

エリック・ウィンターの数ある出演作の中でも、印象的だったのが『メンタリスト』です。

主人公パトリック・ジェーンをサイモン・ベーカーが演じた大ヒットドラマに、シーズン3から8エピソードに渡り出演していました。

演じていたのは、FBI捜査官のクレイグ・オラーフリン役。

ある事件の共同捜査を、ロビン・タニ―演じるリズボンのチームと行うことになり、登場。

捜査でしばしばCBIを訪れるうちに、ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)と親密な関係になり、婚約することになります。

ところがところが、このクレイグ・オラーフリンは、レッドジョンの手先だったという事が判明。

誠実なFBI捜査を演じながら、突然に豹変!

最後は、なんと、ヴァンペルト自身の手によって射殺されてしまいます。

エリック・ウィンターは、表と裏の顔を絶妙に演じていましたね。

強面なイメージがある俳優は、笑顔とのギャップが出せるので、得ですね。

悪役をやっている俳優が、普通にコミュニケ―ションをとるだけで「イイ人」に見られると言います。

でも、普段はフレンドリーなエリック・ウィンター。

そっちの方が本当の姿なのだから、悪人を作りこんで演じているわけで。

と言うことは、エリック・ウィンターの強面イメージは、彼の演技力があればこそ!ってことですね。


エリック・ウィンターの出演作品

エリック・ウィンターは、1999年『プロファイラー/犯罪心理分析官』に出演した後、テレビドラマを中心に出演をしています。

2002年『チャームド~魔女3姉妹、2005年『CSI:科学捜査班』 、2006年『恋するアンカーウーマン』に出演。

『ブラザーズ&シスターズ』では2007~2008年にかけて出演しています。

ロブ・ロウ演じるロバート・マキャリスター上院議員のゲイの弟ジェイソン役でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eric Winter(@ebwinter)がシェアした投稿


ロバートの妻キティ(キャリスタ・フロックハート)が、こちらもゲイの弟ケヴィン(マシュー・リス)に、デートの相手として紹介したものの、ケヴィンから酷評されちゃうと言うストーリーでした。

役とは言え、つらい役柄ですね。

逆に、とっても爽やかな役もありました。

2009年、今のエリック・ウィンターからは想像できないラブコメ映画『男と女の不都合な真実』に出演。

婚活中の女性の恋のお相手コリン役。

主演のキャサリン・ハイグルのしたたかさと、ジェラルド・バトラーの濃さに挟まれて、とっても爽やかな笑顔が印象的でした。

そして、2010から2012年にかけて『メンタリスト』 に出演。

以降も、2011年『CSI:マイアミ』、2013年『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』など人気ドラマにゲスト出演をしています。

2013年のファンタジードラマ『イーストエンドの魔女たち』ではダッシュ・ガーディナーでメインキャストも務めていました。

エリック・ウィンターの出演歴を振り返ってみると、幅広い役柄を演じていますね。

『ザ・ルーキー』での存在感、納得です。

シーズンを追うごとに、エリック・ウィンター演じるブラッドフォード巡査にも恋模様が表れてきます。

ネイサン・フィリオン演じるノーランに負けず劣らず、そちらも気になるところ。

これからのドラマの展開にも要注目です!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


タイトルとURLをコピーしました