ミッシー・ペリグリム『FBI』主役の結婚相手は?身長やインスタなどwiki的プロフィール【2022最新情報】

ドラマ女優

『FBI: 特別捜査班』のマギー・ベル特別捜査官で大ブレイク中の、ミッシー・ペリグリム。
アメリカドラマ界の大物、ディック・ウルフが手掛けるこのドラマ。
放送が開始されるや瞬く間に高視聴率をあげています。
その主役のミッシー・ペリグリムは、要注目の女優ですね。
そんな彼女、元ダンはあの超有名人!
もちろん今ダンとの馴れ初めや、過去の出演作品などプロフィールも一挙にご紹介します。
『FBI: 特別捜査班』の最新情報もありますよ!(ネタバレ注意です)



ミッシー・ペリグリムのwiki的プロフィール。ハワイで挙式した元旦那様は、あのザッカリー・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

彼女は1982年6月16日生まれ。カナダケベック州モントリオール出身です。

お父さんは牧師さんで、お母さんと二人の姉妹がいるようです。

三姉妹なんですね。

高校のころからサッカー、フィールドホッケー、スノーボード、バスケットボールなどをしてたとか。

将来は体育教師になるつもりだったようです。

なんと元旦那様は、ドラマ『CHUCK/チャック』でお馴染みの、ザッカリー・リーヴァイ。

意外です。

どこで接点があったのかは定かではありません。

ファンのみならず当時のマスコミにもサプライズでした。

二人が交際していることを公にしないため、家族や親しい友達も協力していたようです。

ザッカリーの親友で俳優のジョエル・デヴィッド・ムーア(『BONES』)は、このように明かしてくれています。

「秘密を守るのは苦手だし疲れちゃってたんだ。仲間を代表して言うけど、やっと秘密を明かしてくれてありがとう!」

二人はは2014年6月16日にハワイのマウイ島で結婚式を挙げました。

ですが、半年足らずで夫婦関係は破綻してしまったようです。

2015年の4月に離婚の申し立てを正式にしています。



ミッシー・ペリグリム インスタでは愛息との素敵なショット!結婚相手は俳優のトム・オークリー。

その後、ミッシー・ペリグリムは、俳優のトム・オークリーと再婚。

2018年12月30日にロサンゼルスで挙式を挙げました。

2020年3月21に、男の子が誕生しています。

彼女のインスタをのぞいてみると。

寝ているちっさな愛息との写真が!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Missy Peregrym(@mperegrym)がシェアした投稿

本当に幸せそう。

「午後の昼寝は世界で”最高の”気分」とコメントしています。

実は妊娠中も『FBI: 特別捜査班』の撮影をしていました。

大きなお腹に防弾ベストを着ている姿も、インスタにはアップされています

 

この投稿をInstagramで見る

 

Missy Peregrym(@mperegrym)がシェアした投稿

アメリカのドラマでは、女優が妊娠すると、役柄も妊婦に設定することもあります。

ミッシー・ペリグリムの場合、さすがに妊婦のFBI特別捜査官役はありえないですね。

カット割りを上半身中心や後ろ姿などで撮影することになりました。

ミッシー・ペリグリムは、面長で美しい顔立ちだから、全く気づきませんでした。

たまに映る後ろ姿で、「ちょっと太ったのかな?」程度の印象でしたね。

一児の母となったミッシー・ペリグリムの、演技の変化にも注目したいところ。

シーズン3の日本放映が待ち遠しいですね。



ミッシー・ペリグリム主演の『FBI: 特別捜査班』マギー・ベル役がかっこいい!【ネタバレ】

アメリカのドラマ界屈指のヒット―メーカー、ディック・ウルフがプロデュースする『FBI:特別捜査班』。

ミッシー・ペリグリムはこのドラマの主人公マギー・ベル特別捜査官を演じています。

FBI ニューヨーク支局で、相棒のジーコ・ザキ演じる”OA”ことジダン捜査官と凶悪犯罪に敢然と挑む姿が印象的。

しかし、ウォールストリートジャーナルの記者であった夫を亡くした過去を持っています。

つらさを知っているから、犠牲者の家族に寄り添う人間味あふれる捜査官です。

マギー・ベル特別捜査官に扮するミッシー・ペリグリムが、颯爽と事件現場を現れる姿は格好いいですよね。

彼女の魅力はまず何といっても、ルックスにあるでしょう。

身長は166㎝あり、いかにもスポーツウーマンという体格(肩幅すごっ!)。

その彼女のアクションシーンは、まるでタカラヅカのトップスターのようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CBS(@cbstv)がシェアした投稿

シーズン1後半からラストにかけては迫真の演技でした。

ストーリーとしてはこうです。

ある事件を捜査していくうちに、ミッシー・ペリグリム演じるベル捜査官の夫が事故死ではなく、何かの事件に巻き込まれた可能性が判明。

その時点で、被害者との関係者であるベル捜査官は、捜査から外れなければなりません。

しかしベル捜査官は、セーラ・ウォード演じる上司の主任特別捜査官に直訴し、捜査を続けます。

最後は夫を殺した犯人を追い詰め、拳銃を向けるベル捜査官。

復讐の一撃を放ち、夫の無念を晴らしたい思いとの葛藤。

犯人の挑発をギリギリこらえ、怒りの鉄拳を犯人に一発! 無事、手錠をかけ逮捕に至ります。

このようなバイオレンスシーンは、他の女優だとしなやかな立ち回りになってしまいがちです。

ミッシー・ペリグリムは、ハードなパンチを喰らわせる「男前」な演技が最高でした。

シーズン1の最後では、ベル捜査官の捜査参加を許可した上司が、「判断に私情を持ち込んでしまった」として主任特別捜査官を辞任してしまいます。

正義感が強く共感能力の高いベル捜査官の役柄。

シーズン2ではその思いを抱え込んだ心情を反映してか、”OA”との連携が密になったように感じます。

独自判断だけでなく、いろんな視点で判断しようとしているのでしょう。

次章では彼女の役づくりに注目しましょう。

 



ミッシー・ペリグリム 『FBI: 特別捜査班』での役づくりとは?相棒OA役のジーコ・ザキとは姉弟の関係?!

ミッシー・ペリグリムはそんな難しい役どころを豊富なドラマ経験を活かして演じ切っています。

彼女は今回のマギー・ベル特別捜査官をどのように演じようとしているのでしょうか?

「有能ではあるが弱さもある深い人間を演じたい。困難な状況でも次の壁に向かえるマギーを見せたい」

そんなように役づくりを考えているようですね。

前章でも書いたように、夫の死へのトラウマから、我を忘れてしまうところもあります。

さらに、ジーコ・ザキ演じる相棒OAとの関係も、マギーの方が壁を作っているようにも感じますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿


相棒や恋人など掛け合いのある芝居をする上では、お互いがお互いをどう見ているのか、演じる前に役者同士ですり合わせておくのです。

台本に年齢や経歴など大まかに設定されていることもありますが、場合によっては互いが役柄の履歴書を書いて持ち寄ることもあります。

『FBI: 特別捜査班』はマギーとOAが一緒にいる場面がとても多く、時間も長いですね。

その分セリフ以外に互いに見合わせる視線や表情、立ち居振る舞いなどをする上でも、双方が理解していないと、視聴者が”作り物”だとすぐに感じてしまいます。

あるインタビューで、ミッシー・ペリグリムが二人の関係性を、このように言っていました。

「彼とは姉と弟のような関係。私は6年間、別の作品で警察官役を務め、演じたマギーは6年ほど警官を務めた後に、FBIに来た。OA(=ジダン)は、元軍人でFBIに来て3か月。ジーコは初の主演を3か月演じている」

姉弟のように、相手のやってきたことがわかって、共通点も理解しているということなのでしょう。

その結果、ノンバーバル(言葉を使わない)なコミュニケーションが出来ているでしょう。

だから、二人のシーンは作り物ではないコンビネーションを感じますね。

では、姉さんのミッシー・ぺリグリムがどんな警察官を演じてきたのか、女優としてのキャリアを見てみましょう。



ミッシー・ペリグリム 産休でシーズン4はお休み!

ミッシー・ペリグリムは、今年2月に第2子を授かったことを公表しています。

現在アメリカで、『FBI: 特別捜査班』はシーズン4を放送中。

そのため、第18話をもって産休に入るそうです。

ドラマの展開としては、サリンガス事件で瀕死の重体に!

治療の甲斐あって回復に向かうのですが、しばらく療養すると言うことに。

ミッシー・ペリグリムが不在の間、17話に出演したニーナ・チェイス捜査官が、マギー・ル捜査官の代わりに”OA”の相方になります。

シーズン最終話22話まで出演となるようです。

ニーナ・チェイス捜査官を演じる、シャンテル・ヴァンサンテンは、青春ドラマ『One Tree Hill』のクイン・ジェームズ役が当たり役。

ドラマ版『ザ・シューター』でもジュリー・スワガー役でメインキャストを務め、『ザ・ボーイズ』『THE FLASH/フラッシュ』など、数多くのドラマに出演しています。


ミッシー・ペリグリムの出演作品。『ハワイファイブオー』『ルーキーブルー』『スティックト・イット』

ミッシー・ペリグリムは、18歳の時にタレントエージェントにスカウトされました。

プロとしてコマーシャルなどのモデルを中心に活動。

女優デビューは2000年『ダークエンジェル』です。

ジェシカ・アルバマイケル・ウェザリー主演の大ヒットドラマですね

『ヤングスーパーマン』のシーズン3、『トゥルーコーリング』や、テレビドラマ『コール・ミー』などに出演をしています。

2006年に映画『スティックト・イット!』では、主役として体操選手を演じています。

体操教師になりたかったというだけあって、見た目ホントの体操選手のようではまり役でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Missy Peregrym(@mperegrym)がシェアした投稿


その後『HEROES/ヒーローズ』のシーズン1では、何にでも変身できる能力を持つキャンディス役を演じて印象を残しました。

2007年~2009年にかけて『 Reaper デビルバスター』のシーズン1.2に出演。

このテレビドラマでも、ヒロインを演じています。

その後、2010年にカナダのテレビでシリーズ『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』に主演。

アンディ・マクナリーという、ポリスアカデミーを卒業したばかりのヒロインを演じていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rookie Blue(@rookieblueabc)がシェアした投稿


これはかなりの人気ドラマとなって、2015年のシーズン6まで放映されています。

しかし~新米警官 奮闘記~って、日本タイトルはひどいなぁ。

昭和な青春モノドラマみたい。

何とかならなかったですかね。

さらぶ、2014年の映画『ブラックフット』では、巨大な人食い熊の恐怖を描いたアニマルパニック映画に主演しています。

HAWAII FIVE-O』にもスコット・カーン演じるダニーの妹役で登場。

大柄な妹と小柄な兄といううちょっと違和感?のある見た目でしたが、役柄も素直なものではなかったですね。

2017年には『Law & Order』にもゲスト出演しています。

翌年から『FBI: 特別捜査班』が始まりますから、もうすでにミッシー・ペリグリムがマギー捜査官役に決まっていたのかな?

定かではありませんが、いずれにしてもディック・ウルフがその時に動いていたのでしょうね。

彼女の経歴を見ると、ヒロイン役や主演ドラマが若い頃から多いですね。

存在感もあることと、アクションもこなせて凛とした雰囲気を持っていること。

それに笑顔が素敵な点が、ファンが多い要因なのではないでしょうか。


ミッシー・ペリグリム  最新作はプロデュースも兼任?

ミッシー・ペリグリムが自身の製作会社を通じて、米作家キャサリン・センターのベストセラー小説「Things You Save In A Fire(原題)」の映画化権を獲得しそうです。

この小説は、女性消防士キャシー・ハンウェルが主役。

転属したボストンの消防署は昔気質の男社会。

その中で、戸惑う彼女が唯一気の合う男性新人隊員との恋心と、キャリアと葛藤を描いたストーリー。

具体的な配役はまだこれからのようです。

消防士のミッシー・ペリグリム、かっこいいでしょうね。

それに恋に揺れる女心を彼女がどう演じるのかも、見たいと思いませんか?

詳しい情報が入り次第、またご案内しますね。

 

いかがでしたか?
「男前な美人女優」ミッシー・ペリグリムの魅力をご紹介しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
では、また!

▼こちらもご覧ください▼

『FBI:特別捜査班』キャストのプロフィール【最新版】ネタバレあり。

人気俳優ジュリアン・マクマホンの新作ドラマは『FBI』スピンオフ!

海外ドラマ 女性刑事ランキング! 捜査能力を徹底分析。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました